Pickupニュース

Windows版のAdobe Flash / Animateの制作には注意が必要
コラム

Windows版のAdobe Flash / Animateの制作には注意が必要

バージョン問わず起こりえます
先月、Animate CCの致命的なバグという記事を書きましたが、その続報になります。事はAnimateだけの問題では無いようです。(2016年12月14日バグ解消を確認)
(2016年12月14日追記)
Adobe Animateのバージョン16.0.1.119にて本バグの解消を確認しました。

現状の問題点

  • グループオブジェクトを自由変形ツールで拡大/縮小すると、中の座標が狂う。
  • 上記バグはWindows 7 / 10、Flash、Animateのバージョンに限らず発生する。

Adobeの現状対応

先日、改めてAdobe Animateのバグについて今度は日本語サポートチャットの方に連絡を取りました。
今回のバグについては、
今後の修正課題として登録されており海外技術部門でも調査しておりますが、
調査に時間がかかっている状況で、修正完了時期は未定となっております。

誠に恐れ入りますが、今後のアップデートでの修正をお待ちいただきますよう
お願いいたします。
とのことで、報告して4ヶ月上経過した現在でも、問題箇所が把握出来ていないようです。

ですので、今のところ、グループオブジェクトでは自由変形ツールを使用せず、シンボルオブジェクトに変換するのが良いとのことでした。

Adobeへのお願い

Adobeのサポートの方には、この問題について把握出来ていないユーザーがいるであろうから、ブログなりSNSなりで通知をして頂きたいとお願いしました。
納品直前に実はオブジェクトの座標が狂ってしまい、レギュレーションに沿わない仕様になってしまうこともありえますので。ただ、期待は薄いです。

最後に

何となく、Flashに3D移動/回転ツールを搭載した辺りから問題が発生しているような気がしています。

他にこういった症状を発言している方はいないかとググってみましたが、特に見つけることが出来ませんでしたので、非常に限定的な条件下で発生する問題なのかもしれません。とは言っても、Adobeの中の方も把握している問題なので、なぜこんなにも波風が立たないものなのか。
ひょっとして、この世の中には既にWindowsを使うFlasherはいなくなってしまったのでしょうか?

追記

Macは所有していませんので、検証出来ておりません。もしかしたら起きているのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事ランキング